持続可能な地域社会の実現へ

いのちめぐるまちを目指し、サスティナビリティセンターでは、
南三陸町を拠点とし、持続可能な社会実現のため、地域の環境調査・人材育成・学会運営を通じて、
地域の連携を深める取り組みをしています。

団体ロゴ

代表挨拶

森・里・海はまた、ひとつながりの環境であり、人間活動を介して相互に影響し合っています。ゆえに、これらがどのようなつながりをもっているのかを理解し、経済・社会の仕組みも意識しながら、人々が上手に連携することが、持続可能な地域社会を実現するためにはとても大切です。
サスティナビリティセンターは、世界のモデルとなり得る南三陸の取り組みを応援し、持続可能な社会の実現を目指します。

    事業内容

    海洋生態学研究で培ったノウハウと、震災が契機となって生まれた多くの研究者の方々とのつながりを活かし、森里海がコンパクトにまとまった南三陸町をフィールドに、自然資本の永続的な活用方法について、知見を集積します。

    南三陸の森里海ひとを題材として、持続可能な社会の担い手となる次世代リーダーとなるために必要な考え方を身に着けられる様々なプログラムを提供します。
    単なる体験にとどまらない、自然科学や社会科学の視点、合意形成の手法など、“自分事化”とその先の行動につながるための気付きとヒント、共感を引き出します。

    森・里・海・ひとという資源は、それぞれがつながりをもって影響し合うため、部分最適が全体最適となることはまずありえません。
    地域資源に対する認識を深め、それぞれの主体が連携しながら、その賢い活用のために必要な情報交換の機会を提供します。